忍者ブログ
48】  【47】  【46】  【45】  【44】  【43】  【41】  【40】  【39】  【37】  【36】 
◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇




諸君 私は山姥切国広が好きだ
諸君 私は山姥切国広が好きだ
諸君 私は山姥切国広が大好きだ


みかんばが好きだ
つるんばが好きだ
さにんばが好きだ
ほんかんばが好きだ
くりんばが好きだ
しょくんばが好きだ
創作刀剣ばが好きだ
みぎんばが好きだ
→←んばが好きだ

本丸で 近侍部屋で
演練で 遠征で
厩で  畑で
庭の池で 風呂場で
自室で 現世で

この電子世界で描写される ありとあらゆる刀剣乱舞二次創作作品が大好きだ


はじまりの五振りをならべた審神者の選択が 桜吹雪と共に山姥切国広を顕現させるのが好きだ
現世に堕ろされた山姥切国広が 、口上を述べて、審神者との意思疎通がばらばらになった時など心がおどる

顕現した三日月宗近の天下五剣の打除けの瞳が、近侍の布の内側を気にするのが好きだ
卑屈声を上げて 三日月の懐から飛び出してきた布を
藍色の手甲で押し倒した時など胸がすくような気持ちだった

名刀名剣をそろえた太刀の集団が 山姥切国広の矜持を蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の山姥切国広が 既に親衛隊と化した本丸の同士を 何度も何度も逆差別している様など感動すら覚える

自分下げ主義の山姥切国広を宴会場に晒し上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ山姥切国広が 主の降り下ろした手の平とともに
金切り声を上げる周囲の刀剣の目前に ばた  と押し倒されるのも最高だ




哀れな山姥切国広が、 雑多な近侍の仕事で健気にも立ち走ってきたのを

鶴丸国永の『どうだ 驚いたか』が 書類ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える


別本丸の審神者に滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった主に蹂躙され 本丸の刀達に犯され殺されていく様は とてもとても悲しいものだ

政府の権力に押し潰されて屈服させられるのが好きだ



  
人気刀剣を愛好する他の創作者に使いまわされ 物語のその他大勢として這い回るのは屈辱の極みだ



諸君 私は山姥切国広の物語を 『なにこれすごい』の様な物語を望んでいる
諸君 私が付き従うまんばモンペ まんば保護者の会
君達は一体 何を望んでいる?

更なる山姥切国広受けを望むか?
情け容赦のない 糞の様な乱立する未完作品を望むか?
妄執偏愛の限りを尽くし 三千世界の鴉を殺す 嵐の様な写しの物語を望むか?


 (ガガガガ ガガガガッ と手を上げた私の脳内の私達が口々に)




「山姥切国広!!布!!写しの子!!」



よろしい  ならば創造だ

我々は満身の力をこめて今まさに振り下ろさんとする一本の筆だ
だがこの暗い闇の底で三か月もの間 悶え続けてきた我々に ただの山姥切国広では もはや足りない!!

大妄想を!! 一心不乱の山姥切国広の大妄執を!!

我らはわずかに一サムネイル 幾百人に満たぬ上級者の妄想に踊る凡人にすぎない




だが私は 一騎当千の古強者だと自身を信仰している
ならば我らは 諸君と私で総兵力100万と1人の山姥切国広愛好集団となる
我々を憐れみと蔑みのコミュ障写し愛好家へと追いやり国宝、御物、名のある名刀名剣に満足しているつもりの連中を叩き起こそう

他の刀剣男子達を偏愛する主の胸ぐらをつかんで引きずり降ろし 眼を開けさせ思い出させよう

連中に我が初期刀の布を思い出させてやる
連中に我が初期刀の卑屈の言葉を思い出させてやる

天と地のはざまには 奴らの哲学では思いもよらない自己肯定への浄化があることを思い出させてやる





たったひとりの、保護欲と独占欲と嗜虐趣味の物語で
世界を燃やし尽くしてやる


「最後のブラック本丸  闇堕ち刀剣より全ホワイト本丸へ」



第一次山姥切国広保護捕獲捕縛拘束作戦 状況を開始せよ

征くぞ 私よ


◇◆◇◇◆◇◇◆◇◇◆◇

   




あの、すいません。推し刀が別の子な審神者さま、↑はその、コピベ改変でして。

拍手

| TOP |








当ブログ内の文章・画像・内容の無断転載を禁じます。

©Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo,
Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks
of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

(C) template by sakuradou



.

.

Re:vre

....................................................................................

忍者ブログ / [PR]




....................................................................................

PR