忍者ブログ
15】  【13】  【12】  【11】  【10】  【9】  【8】  【7】  【6】  【5】  【4】 
ブリタニアの街には、沢山のNPCショップやNPCの住宅(?)が建っています。
ソーサリアの住人達は読書家らしく、かなりの家に本棚があり、そこにはNPC本と呼ばれる、英語で書かれた本が多数収納されています。

そしてその本の中には、書き込むことのできないNPC本に混ざって書き込み可能な青本と赤本が紛れ込んでいるのです。

これを探しだして読むのが楽しいので、現物写真付きで載せてまいります。

…◇◆◇…

まずは、本と言えばココ。
「知の図書館」ライキュームを抱える街、ムーングロウから参りましょう。

 

最初の本棚で、さっそく当たりを引きました。
内容は、この街を気に行った友人の様子が書かれていくのですが残念なことに途中で終わっています。
題名から、何処かに「1」がありそうで気になります。


 

次の本棚を開きますと…
予定しておいた「さすが知の図書館ですね」という発言が思わず止まるこの書き込み。
ストーカーですか?ストーカーなんですね?

…◇◆◇…

気を取り直して、次はムーングローで一番立派な宿屋へと向かいます。
ここは、厩舎もあり宿屋でログアウトする人も多いせいか、どのシャードでもオモシロ本が多いので楽しみです。

 

オモシロ本が…と書いたとたんにコレですよ。
さすがムーングロー宿屋。期待をうらぎりません。

ただ、ムングロ名物(と勝手に思っている)名著『ムーン五郎』が見つからないのは残念です。
ブリタニアの世界の楽しさに転落していくムーン五郎の悲しくも教訓に満ちた物語だったのですが。
サクラ以外の何処かにはまだ残っているのでしょうか?
そのうち、お他所のシャードにもお邪魔したく思います。

…◇◆◇…

次は、宿屋の北で商いをしているハーブ屋さんへと向かいましょう。
この店はブリタニアで唯一、可愛いドライフラワーを扱う店であり、それを狙う万引き少年少女の集う場所でもあります。

 

…と店の紹介をしたとたんに、この本です。 堂々とした予告状です。
犯行声明です。罪の意識のカケラもなさげな書きっぷりです。

*狙われている乾燥たまねぎ近影*

…◇◆◇…

次の本棚を開けてみましょう。
 

どうやら魔法少女が来ていたようです。
彼女の憤りは、何に対するものなのでしょう。横行するドライフラワー万引き犯に対する正義の怒りでしょうか?
はたまた、失敗してガード死した犯罪者の怒りの書き込みなのでしょうか?

そして、次の本棚を覗いてみますと~~

 

これはもしや、ライキュームで発見したストーカー本からの返事でしょうか?
どうやらツンデレなストーカーのようです。

…◇◆◇…

さて、ハーブ屋を後にしてそのお隣、秘薬屋へと場所を変えます。

 

謎のあえぎ声です! なにこれ怖い。

…◇◆◇…

怖いので、次の目的地アルケミ屋へお邪魔しました。
 
……。 何があったというのでしょう?もの凄く気になります。
彼女は何を失敗してしまったのでしょうか?彼女は無事なのでしょうか?
たいへんに気になります。詳細求む。

…◇◆◇…

彼女の話に後ろ髪をひかれつつアルケミ屋から、御近所の八百屋を訪ねますと

 

続き物ですか?!
君がいちばんよく知ってるだろう?と謎をふられても困ります。
イルシェナーの…  イルシェナーのなんなんですか?そこに彼女は向かったのですか?
あぁぁ気になるぅぅぅ。
こんな気になるメッセージを発見した場所が八百屋さんという所がグっと来ます。

…◇◆◇…

最後は裁縫屋さんです。
裁縫屋さんの奥。たぶんお針子さんの私室なのでしょうが、勝手に上がり込みます。
豪華なダブルベッドまであるお部屋にラマに乗ったまま入ってごめんなさい



さて、魔法と知識の街ムーングローの一等地に店をかまえるお洒落なお裁縫店の本棚には
どんな可愛らしい本が入っているのでしょうね?

 


…… ごめん。さすが知の街です。わかりません


拍手

| TOP |








当ブログ内の文章・画像・内容の無断転載を禁じます。

©Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo,
Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks
of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

(C) template by sakuradou



.

.

Re:vre

....................................................................................

忍者ブログ / [PR]




....................................................................................

PR