忍者ブログ
1】  【2】  【3】  【4】  【5】  【6】  【7】 

今から始まる読み物は、私がかなり前に書いたモノの焼き直しです。

題名も何もあやふやなので仮に『3兄弟モノ』としておきます。
高校生の同い年の兄(双子ではなく従兄同士)と小学生の弟3人が暮らしていて両親は留守という、典型的に何も考えてないよくある設定でした。
…◇◆◇…
*あやふやな登場人物紹介*

椚原聡一(くぬぎはらそーいち)
長男ポジション。スポーツ万能成績優秀なれど、音楽芸術関係が全てを飲み込む残念さを誇る。探偵小説大好き。
屋敷建(やしきたてる)
次男ポジション。聡一の従兄(父親同士が兄弟)早くに父を亡くし椚原家で育てられた。家事全般を受け持つが魚嫌いが玉にキズ。趣味は、亡き父に手ほどきされた手品。
椚原翔(くぬぎはらかける)
聡一の弟。小学1年生。年齢が離れているのは椚原夫妻が長男と甥っ子をほっぽって海外に仕事に出たあげく
(お互いの仕事は異なるのでてんでんばらばらになる夫婦)、たまたま数年後に海外で出会ったせい(……)兄を小型軽量化したような容姿、サッカー少年成績良好、音楽芸術関係残念、探偵小説マニア。

…◇◆◇…

「さんま」

自室の隣。南はじの子供部屋から突然聞こえてきた叫び声に、聡一は、大きめの事務用封筒(ごていねいに
『証拠物件 重要』などと朱書きされている)を、今そこから取り出したばかりの学習机(笑)の引き出しに再び戻し
「あーもう!うっるせえなぁ…」と文句を言いつつ腰を上げた。
少し古いが、しっかりした造りの我家の室内から、ああもけたたましい叫びが響いて来る、というのはあまり尋常な事態とは言えない。


ノックもせずに、年齢の離れた弟の部屋の扉を開く。
そこには、サッカーボール模様のまぁるいクッションの上で自分の耳を自分で塞いでいる年長者となにやらホチキス止めしたコピー用紙の束を抱えたまま困り顔になっている年少者の姿があった。
「うるさいぞ!タテルっ!おまえ、カケルの部屋で何叫んでやがるっ?!」
叱られたほうの年長者が、なんだか情けない声で状況説明を開始する前に、彼等の弟が口を開いた。
「あ、ねぇねぇ、聡一兄ちゃん、聞いてよっ!タテル兄ちゃんったらね、サンマはダメだって…」
「さんま…。ナマモノ握らされでもしたんならともかく、単語にまで悲鳴あげんのか?おまえは」
呆れたように言いながら、聡一は建の前に立ちはだかった。
いわゆる 仁王立ち のような、いばりん坊体勢である。
「だいったいなぁ。おまえが魚嫌いだってのは、もうオレは諦めた。好きに偏食してやがれ!けどなぁ。カケルを巻き込むな!ってば。小学一年生の育ち盛りの時期に、魚をいっさい食わせねぇなんてそんな親が何処にいるっ!?」
「親、じゃぁないと思うけど?」
びしっ!!と建を指差して決め付ける彼の後ろで、翔が冷静に突っ込みをいれる。


「オレもおまえも、かあさんのメシを同じに食って育ったんだかんな?(幼児期の体験がどーのこーの)っていう話しは聞かねぇからな?」
 
この場合の『かあさん』というのは、屋敷建の産みの母のことである。


「あ~っ!あ~っ!だ、誰が、いつ、おふくろのせいなんかにしたってんだよっ?!そんなら聡一が魚食えるのは、希子ねえさんからの遺伝だろっ!」


この場合の『希子ねえさん』というのは、椚原聡一、翔の産みの母のことである。
 
「やかましいっ!おやじとおじさんは、実の兄弟だぞっ!母方の遺伝もくそもあるかよっ。」


翔が、二人の兄の間に割って入った。
「あのさぁ。今はそんな話じゃなくってボクの宿題をさぁ」
その弟の肩に手をかけ、聡一が尋ねる。何をムキになっているのか、拳まで握り締めていたりなんかする。
「なぁ、カケル?魚、好きだよなぁ!?魚、美味いよなぁ?!…タテルに遠慮して、魚食いのホタル族に
 なるのなんか、やだよなっ!?」
「…魚食いのホタル族…」
煙草の煙を嫌う家族のために、外でさみしく煙草を吸う姿と。
魚嫌いの建が焼き魚の煙まで嫌うために、外でさみしく焼き網を焦がす姿と。
「まぁ、似て無いこともない……かもね…」
呆れたように返事をする弟の頭上で、聡一はまだエキサイトしている。
どうやら、魚を食べたいのは、聡一自身の方らしい。
「サンマ。イワシ。アジ。まぐろにかつお。くじら、タイにさばにブリに」
「…哺乳類が混ざってるよぉ……」 
突っ込みをいれる弟と、「種類を連呼するなぁぁぁ!」と耳を塞ぐ相手の前で、海のイキモノの名を並べ続ける聡一。
その聡一に、翔が手にしていた綴りを差し出した。
「あのさ、聡一兄ちゃん。今は食べ物の話してる場合じゃないの。ボク、さっさと宿題終わさないと。学校でサッカーする約束してるんだよぉ」
「あ?ああ、わかった。悪い。で、なんの宿題だって?」
そこはそれ、お兄ちゃんである聡一は、翔の言葉に(海の生き物達、お名前暗唱)を止めた。
「国語だよ。あのねぇ、詩を5回朗読して、おうちの人に聞いてもらって、ハンコもらって、この詩を聞いたおうちの人の感想ってのも書いてもらうんだよ?」
「なんだ、簡単じゃん。じゃ、聞いてるから、読んでみろ?」
「うん!」
嬉しそうにうなづくと、翔は持っていたコピー用紙の束を広げ、よくとおる子供の声で読み上げた。


「さんま、さんま、そが上に青き蜜柑の酸(す)を したたらせて さんまを食ふは 
 さんま、さんま、さんま苦いか塩つぱいか」


ぶっっ!!と、聡一が吹き出した。 
建がつぶやく。 「もっと…凄い描写があんだぞ?これ…」


「…父ならぬ男に さんまの 腸(はら)をくれむと…」


「いい詩だなぁ!それ!…じゃ、こいつじゃなくって、オレが聞いて、感想書いてやろうか?」
「それはダメっ!」 と、建。
「他の教科はともかく!そーいちは、音楽と美術と国語は絶対にっダメっ!」
「なんなんだよ~。それは」
じと目になる聡一を物ともせず、建は言葉を続けた。
「ダメに決まってるの!おまえ、前にも名作をめちゃめちゃにしてカケルに読んで聞かせたろっ?」
「…いつの話しだよ?」
「マザーグースを、伝奇推理読み物にしちまったのは、おまえらだろうがっ!?」
「ああ。あれかぁ♪」
ぽん、と手を叩く翔に、聡一が首をかしげてみせる。どうやら、彼には思い当たることは無いらしい。
「ほら、あれだよ。聡一兄ちゃん。 だれがこまどり 殺したの?……て、やつ。
 でも、あんなの推理にならないよねぇ?なんたって 『それはわたし』なんて、
 自白しっちゃうんだもんね。スズメったら」
「いや、オレは、あの雀の唐突な自白には裏が有るんじゃないかと睨んでいるんだが」
「そう言われるとそうだね。ボクはねぇ、殺されたこまどりの奥さんにも、何かあると思うんだ。
 だってさぁ、自分の旦那さんを殺したスズメと、すぐに結婚しちゃうなんて、不自然だよねっ!」
「そうだな。それと、皿なんかに血を取って、持っていった先が何処だか書いてないんだよな。
 いったい、その血は何に使われたのか……?手がかりが少な過ぎる…… 
 推理小説としては、不完全極まり無いよなぁ!」
「不完全も何もっ!マザーグースは伝統ある童謡なんだって!!この、推理オタクっ!!」
あんまりな会話に切れた建が叫んだ。
そのまま、肩で息をしながら、翔を振りかえる。
「話しをモトに戻すぞっ?なぁ、カケル?それって、一年生の教科書に載るような詩なのか?」
翔の手から、紙の束を取り上げた聡一が言った。
「ふむ。……この (愛うすき父を持ちし女の児は……父ならぬ男に  言ふにあらずや) 
 ここの箇所、ひっかかるな。実の親じゃない?ってことなのか? これって、母親と娘が犯罪に巻き込まれている……という暗示だとすると……」
「だから、純文学で推理小説するなぁぁぁぁぁ!!」
建は、聡一の手からそれを取り上げると、翔に押し付けた。
「おい、カケル!これ、他にも詩が書いてあるだろ?他の詩読むんじゃダメなのかっ?」
「え~、そんなこと言われても~。グループ作って手分けして読むんだよ~」
メガネの奥の大きな瞳が、さも困りました と言いたげにうるうるする。
「おい、タテル!カケルが可哀相だろっ。ーー感想書いてやれよ?」
自身の読書感想文能力の限界を、実は自覚している聡一が逃げた。
「なぁ、カケル?他はどんな詩があるんだ?」
どうにかして、無難なものと交換できないか?との建の希望は、彼の弟がおもむろに朗読し始めた (他の詩)によって撃沈された。 それは、
 
   「… 朝焼小焼だ
       大漁だ
       大羽鰮の
       大漁だ…」


で始まる、金子みすずの詩だった……。


 


その後、ついに諦めた建は、弟のために 『秋刀魚の歌』の感想文を書いた。
『秋刀魚』や『腸』の文字が乱舞する内容に苦しみつつも、料理好きの血が『苦いか しょっぱいか』や『涙をしたたらせて食う』の単語に妙な具合に反応してしまったおかげで、彼がものした感想文は、発表会で、1年生と参観の父兄や教師達を怖いほどの静寂に叩き込んだのだった。
そして、どういったルートが働いたのかは不明だが、その感想文は彼の高校にまで流れてしまい


 『特別寄稿作品。 屋敷建くん(佐藤春夫)を語る!!』


などという題をつけられ、彼の高校の文芸部作品集のトップを飾ってしまったのだった。
 


 


 

拍手

| TOP |
ブリタニアでは、見えている景色の違う人が同じ大地に暮らしています。
かなり昔は、景色どころか見えているモノ自体が違っていたりしました。
SAの沼ドラを2Dで見るとそこにはドラではなくオスタードが居た、なんてことがありました。
今回私を悩ませているのは、装備の見え方の違いについてです。

ブリタニアには、さまざまな防具や洋服がありまして染めたり重ね着することで可愛らしい外見やお洒落でダンディな服装などを楽しみことができるのです。

で、ですね。私、このあいだヘイブンでそれは可愛らしい人が裁縫屋に入って行くのを目撃したんですよ。
白いレースの透かし編みの襟を、黒系の服の上にはおって首元をボタンでとめている。 それは可愛らしい服装だったんです。
『コレダ!』と思いましたね。
うちのキャラSは、女の子なのですが長ズボンの上にゴム長靴、腰にエプロンぎゅっと締めた、なんだか魚河岸のあんちゃんみたいな服装なんです。可愛い服も着てみたかったのですよ。
というわけで、さっそく着こなしをパクらせていただきました。コレです。



 

この、白い襟と、頭のドレスハット(なの?)。よく見れば首もとに白いボタンもついています。
なんてお嬢さん可愛いの?!

余談ですが、ビスクドールマニアなのでこういう『ジレ』には興奮するタイプです。

さて。うきうき見せびらかしに徘徊しましょうかね。地球時間深夜なのでブリタニアにはあまり観客はいませんが。


出会ったSAクラメインの方に「PDが可愛いのよ」と披露いたしますと、画像をもらいました。

わぁ。SA世界のあなたの目に私はどんな美少女に映っているの?(『坂本ですが』の、あいなちゃんの真似)



さて。届いた画像はこちらっ!ドキドキですね。








……ぎゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ……

拍手

| TOP |
ブリタニアの街には、沢山のNPCショップやNPCの住宅(?)が建っています。
ソーサリアの住人達は読書家らしく、かなりの家に本棚があり、そこにはNPC本と呼ばれる、英語で書かれた本が多数収納されています。

そしてその本の中には、書き込むことのできないNPC本に混ざって書き込み可能な青本と赤本が紛れ込んでいるのです。

これを探しだして読むのが楽しいので、現物写真付きで載せてまいります。

…◇◆◇…

まずは、本と言えばココ。
「知の図書館」ライキュームを抱える街、ムーングロウから参りましょう。

 

最初の本棚で、さっそく当たりを引きました。
内容は、この街を気に行った友人の様子が書かれていくのですが残念なことに途中で終わっています。
題名から、何処かに「1」がありそうで気になります。


 

次の本棚を開きますと…
予定しておいた「さすが知の図書館ですね」という発言が思わず止まるこの書き込み。
ストーカーですか?ストーカーなんですね?

…◇◆◇…

気を取り直して、次はムーングローで一番立派な宿屋へと向かいます。
ここは、厩舎もあり宿屋でログアウトする人も多いせいか、どのシャードでもオモシロ本が多いので楽しみです。

 

オモシロ本が…と書いたとたんにコレですよ。
さすがムーングロー宿屋。期待をうらぎりません。

ただ、ムングロ名物(と勝手に思っている)名著『ムーン五郎』が見つからないのは残念です。
ブリタニアの世界の楽しさに転落していくムーン五郎の悲しくも教訓に満ちた物語だったのですが。
サクラ以外の何処かにはまだ残っているのでしょうか?
そのうち、お他所のシャードにもお邪魔したく思います。

…◇◆◇…

次は、宿屋の北で商いをしているハーブ屋さんへと向かいましょう。
この店はブリタニアで唯一、可愛いドライフラワーを扱う店であり、それを狙う万引き少年少女の集う場所でもあります。

 

…と店の紹介をしたとたんに、この本です。 堂々とした予告状です。
犯行声明です。罪の意識のカケラもなさげな書きっぷりです。

*狙われている乾燥たまねぎ近影*

…◇◆◇…

次の本棚を開けてみましょう。
 

どうやら魔法少女が来ていたようです。
彼女の憤りは、何に対するものなのでしょう。横行するドライフラワー万引き犯に対する正義の怒りでしょうか?
はたまた、失敗してガード死した犯罪者の怒りの書き込みなのでしょうか?

そして、次の本棚を覗いてみますと~~

 

これはもしや、ライキュームで発見したストーカー本からの返事でしょうか?
どうやらツンデレなストーカーのようです。

…◇◆◇…

さて、ハーブ屋を後にしてそのお隣、秘薬屋へと場所を変えます。

 

謎のあえぎ声です! なにこれ怖い。

…◇◆◇…

怖いので、次の目的地アルケミ屋へお邪魔しました。
 
……。 何があったというのでしょう?もの凄く気になります。
彼女は何を失敗してしまったのでしょうか?彼女は無事なのでしょうか?
たいへんに気になります。詳細求む。

…◇◆◇…

彼女の話に後ろ髪をひかれつつアルケミ屋から、御近所の八百屋を訪ねますと

 

続き物ですか?!
君がいちばんよく知ってるだろう?と謎をふられても困ります。
イルシェナーの…  イルシェナーのなんなんですか?そこに彼女は向かったのですか?
あぁぁ気になるぅぅぅ。
こんな気になるメッセージを発見した場所が八百屋さんという所がグっと来ます。

…◇◆◇…

最後は裁縫屋さんです。
裁縫屋さんの奥。たぶんお針子さんの私室なのでしょうが、勝手に上がり込みます。
豪華なダブルベッドまであるお部屋にラマに乗ったまま入ってごめんなさい



さて、魔法と知識の街ムーングローの一等地に店をかまえるお洒落なお裁縫店の本棚には
どんな可愛らしい本が入っているのでしょうね?

 


…… ごめん。さすが知の街です。わかりません


拍手

| TOP |

当時使っていたパソコンはとっくの昔に壊れ
発掘したフロッピーディスクから読みこめた過去日記。
いよいよ佳境に入りかけます。

…◇◆◇…

進退極まった私は、ついにOCNを諦めてジオで場所を借りる決心をいたしました。
なんか、『アベニュー』とか項目が分れているんですね…
 多分、私がとりあえずやりたい項目は、アニメ、コミック関係に入るのでしょう。(多分、じゃなくてそのものだ)
あらら。さらにまた『インク通り』とかなんとか細っかく分れているんですね?
ええと…空き家を探せばいいわけですね?
この家のイラスト。微妙に違うんですね。
 庭があったり煙突があったり窓が四角いとか…
まさか、間取りの広そうな家のイラストんとこ借りると、使用できるスペースやサービスが違う…
 なんてことは無いわよねぇ?
どの家にしようかなぁ?…この垣根可愛いなぁ。←(すでに、選び方を何か勘違いしています)
あ、この辺り、空き家が多いなぁ。隣近所とのトラブルとか、引越しの挨拶とかしなくてすみそうかなぁ?
 (際限無く、選び方を勘違いしています)
ここに決めたっと♪…さて、入居の手続きをしましょうね。


…◇◆◇…
*注:この日記は200×年4月10日の過去日記なので、現在のジオではありません*
…◇◆◇…


申しこみフォームを開くと、あらあら注文の多い料理店みたいに、開けても開けても次の質問や確認が続くのですね。


【ジオのスポンサーからのCMがメールで送られます。必要無い方はここをチェック】


そんな業者のCMメールなんか欲しく無いです。
けれど
(もしスポンサーへの協力を断ったりしたら、ジオはスペース貸してくれないかもしれない!)
これが不安で 『メール希望』 にチェックいれてしまいました。


と言うわけで、我家にはメールがいっぱい届くようになりました。
 私のともだちから届く以外には、家族の誰も使用しないメール機能が眠っていないで、ちゃんと稼動しているのかと考えると、これはこれで賑やかで良いよいうな気もします。


さぁ。申し込み手続きは、終了いたしました。
 後は、ジオからの確認のメールを待つだけなのです。


余談ですがOCNからは、確認のメールでは無くハガキが届きました。
コンピュータ通信で、ハイテクロードを突っ走るその最終確認が『紙』だというOCNの姿勢は
好きだなぁぁ!と言いましょうか。
いつまでも公社気分で、んな無駄やってるんじゃないNTT!(微妙に関係者)と言いましょうか。


…◇◆◇… 


ジオからの確認メールは、待っても待っても届きませんでした。
こりゃ、どうしたことじゃいな? と、自分が借りた筈のジオのスペース(あの、お家の絵が並んでいるとこ)を
開いてみると、あら不思議。


「空き部屋有ります。」のままになっているじゃございませんか?


変だなぁ?いったい何処でミスったのやら?…と、再度申し込みを致しまして、あの、注文の多い料理店みたいなチェックポイントを埋めていったのでした。


それでも、何日たってもジオからの受けつけ確認のメールは届かなかったのです。おのれ、ジオめ!私になんの恨みがあるというのだ!?
     
【いや。 冷静になれ私!真実を見つめるんだ。絶対、100%こっちのミスに決まっているじゃないか!】


同じ番地に (家を変えてみようか…とは全く考えていないあたり…) 何回か、申し込みを繰返しているうちに、いえ、たいていの場合、同一人物が同一箇所に同じ申し込みを繰り返し続けている…という事からして、すでに異常事態の香りが爆発しているんでしょーが、ようやく、私は気がついたのです。


『チェック項目を全て埋めてください』


こーいう表示が繰返し出ていることに!!
あらあら…。いや、あらあらじゃねーんだよ、おい。


一回で気がつけ!私!!


どうやら(…どうやら…じゃねーってばよぅ…)『職業』と『収入』の項目に印をつけなかったのが、敗因のようです。
 私は、社員で組合にも入ってます。無職に印をつけるのは不本意なのです。けれど、収入の項目に当てはまる階級が無いんです。3交代制の月給××円(時給換算なら高いんですがね)なんて収入・・・何処にチェック入れればいいんでしょうか?!教えてください、ジオ?
 『専業主婦』とか『学生』あたりをチョイスして『収入ゼロ』を、チェックすべきだったのでしょうか?
 『パート』(短時間継続社員という謎枠なもので、何処チェックしていいかわからなかった)『収入の欄は空白』などという解答は、やはり受けつけてもらえないのでしょうか?


…もらえるわけ無いだろ?あの時の私よ。そんなつじつまあわない記述したらよぅ…


 …◇◆◇…


紆余曲折ございましたが (自分が勝手にややこしくしてるだけ。とも言う)
ようやくようやくようやく(しつっこい)ジオから確認のメールが届いたのです♪
ファイルマネージャーを開いて、アップロードして…


なんて簡単なんだ!?ジオ!?(感涙)今までの、あの、サーバーとの戦いの日々が嘘のようなんですっ、先生っ!そのまま自分のページを開いて見たら…画面にちゃんと写ってるぅっ!きゃあああ♪どうしましょうっ?(どうしましょうって…おい…)


凄い。やったわ!本物のホームページみたいに見えるんじゃない?もしかして!?
 (いや、もしかしなくても、ホームページなんですけど)


そりゃーもう、物理学上の大発見やらかした学生みたいに喜んだ私は、さっそく、その夜のチャットで、先生方に披露したのです。得意半分、照れ臭さ半分の自慢公開だったんです。
…だったんです。そのハズだったんです。誉めてもらえる(笑)ハズだったんです。
それなのに、S先生の第一声は、実に無慈悲なシロモノでした。
それが、うちのページの表紙を飾る、あの御言葉なのです。


『おめー、最初っから間違えてる。』
*しつこいようですがこれは過去日記です*


ひぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ……


いったい、何処をどのように間違えていたのかは、乞うご期待。待て!次号!!


…◇◆◇…
ここで、ちょいと話しを戻さねばなりません。


私、参考書を買ったんです。


『 見て、読んで、そのまま使える
  かんたんホームページ Frontpage Express編』 
    for Windows (技術評論社)


『よくわかる!すぐできる!100万人ユーザー必携の書!!信頼度NO.1!』
だそうです。 実際、たいへん重宝させていただきました。傍嶋恵子先生、ありがとうございます。
それはそうとしてこの本には、下のような表記があったのです。


 表紙ページの名称は「index.htm」


ですから、私、ちゃんとウチの表紙に、この呪文を使ったんです。
ええ、ちゃんと使ったんです。
でも、ジオのファイルマネージャーったら、アップデイトした際、こう言ってきたんです。


          このページにはindexが存在しません


その時、私ときた日にゃぁ、デスプレイ画面に向かって
「やぁねぇ。ちゃんとあるじゃないの。ジオったらぁ」
などと、おぬかし遊ばされていたのでした。


だって、ちゃんと(index)使ったんですもの。はい。


 …◇◆◇…


また話しを戻しまして、うちのHPを公開した晩の事です。


この時チャットにいた先生方は、たしかS先生と、Bちゃんでした。
このお二方が、交互に(そりゃ、チャットだもん、交互だよな)指導してくるのです。


まず、表紙の(index1.htm)という表記が違う、と言われました。


何故(index1)の(1)が、いけないのでしょう?
 表紙は、indexと表記すること と、傍嶋せんせいも仰っていたでは無いですか?
 遭難堂、の表紙があって。文庫の表紙があって、××部屋の表紙があって…
 だから、トップページの表紙は一枚目の表紙なのだから(index.)の(1)なのに。
(この 一枚目 という考え方そのものが、すでにコピー製本同人屋の感覚ですな)


この時の私は、何を言われているのか、実際理解できていなかったのです。


その、理解できていない私に、間違い指摘第二段がやって参りましたとさ。


S先生:『画像の表示がdesk top__になってるよ。これじゃ、あんたんとこのパソコンの中まで画像を取りに来て下さい。ってことになっちゃうよ。』


はい。この言葉の意味も、今なら解ります…今なら、な。
この時点で、私は何が何やら全っくっっっ!!解っていませんでした。
なんで、この人達は、私にも解らないうちのページのそんな表記がわかるんだろう?!
などと、不思議がる程度に、何もわかりませんでした、はい。
こんな奴が、ホームページの家主になっても、それでもいいいのか?IT革命!?
本当に、どうなってしまうんだ?遭難堂!


…ついでに書いておきますと、この時の
『うちのパソコンの中まで画像を取りに…』
の台詞に、後日延々と悩まされる事になるのですが、それは、まぁ、後の話しということで…
…◇◆◇…


この夜、チャットでのせんせい方は、かなり一生懸命教えて下さいました。
 感謝しております。
おりますがー…


何しろ、こっちはディスプレイ画面に複数のウインドゥを開いて、仕事を同時進行させる―
 などという技術さえ覚束ない人間だったのです。
 画像の表示を直すこと1つとっても、
 1・まず、自分のパソコン内の「ホームページフォルダ」を呼び出す。
 2・画像の使用されているhtml文書を開く。
 3・さらに、それのソースを開く。
 4・呪文の間違い箇所を探す。
ここまでやって、ようやく次の指示を仰ごうとしてチャットに視線を戻すとーーーー


 さすがチャットだ。話題はとっくに流れてやがる!!


さぁ、ここからが、また一苦労です。
1・チャットのログを最大の50行にして、指令文を探す。
2・ようやく見つけて読み始まった途端に文が動いてしまい、慌ててリロード時間をゼロにする。
3・読み終わって、さてさてと思うヒマも無く、あまりに長時間無言のままの私に、チャットでの呼びかけがあっ!!
4・『ちょっと?聞いてるの?!』
5・先生方は、無言の私にややご立腹のご様子っ!?
6・慌てて、画面を切り替え、チャットに返事を書きこむ。
7・というわけで、もう、画像表示がどうのこうのなんていじくってる余裕なんかありません!せんせぇっ!


誰かなんとかしてやってください…
本当に、明日はどっちだ?!遭難堂っ!?


…◇◆◇…


一応人様の目に触れることもあるかもしれないものを作った以上は、何か一つくらいは連絡のとれる方法を示しておくのも責任かと思い、メールを置いておこう、と考えました。
けれど、現在使っているメールアドレスは、我が家全体の物なのです。
そこで、S先生に御伺いをたてたのでした。


私「何か、困ったことに巻きこまれた時のために違うアドレスにしておきたいわけよ。」


S先生「…アングラサイトやアダルトサイトでもあるまいし、困ったことなんか起こらないよ…」


私「でも、欲しいのよ。ここジオで借りてるんだからジオのメルアドもらおう」


相談を持ちかけた意味の無いような会話ですが、チャットと同時進行というのは色々教えてもらえて助かります。


私「あうぅ・・・メール取得の申し込み難しいぃぃ…」 


S先生「ジオはえらく簡単なハズなんだが…」


私「POPなんたらのメールとか分かれてるし」 


S先生「それ、普通のメールのこと」


まぁ、とにもかくにも無事ジオのメールアドレスを作り表紙に貼ったのでした。
めでたし めでたし。


…◇◆◇…
 さっそく見知らぬ方からのメールが届いてしまいました!凄いぞメール!ありがとう、ジオ!
んでもって、その内容は~~~


『はじめまして、こんにちわ! 
ジオシティーズにある、あなたのサイトを見て、メールしました。
いいかんじのホームページですね!』


*ここで「嘘付け!!」と画面に向かって突っ込む私*


『ところで、あなたが作ったホームページのURLを、
 友ダチに電話で教えるとき、どうやって教えますか?


 「メモの準備はいい? 言うよ! んとねぇ~、
 『えいちてぃーてぃーぴーころんすらっしゅすらっしゅだぶりゅだぶりゅ
 だぶりゅぴりおどじーいーおーしーあいてぃーあいいーえすぴりおど
 しーおーぴりおどじぇいぴーすらっしゅえすあいえるあいしーおーえぬ
 ぶいえいえるえるいーわいはいふんしーゆーぴーあーるてぃーあいえぬ
 おーすらっしゅの何千何百何十何番すらっしゅ』だよ。ちゃんとメモった?」


って、まさか、言わないですよね?』


はい。大丈夫です。言ってません!!
それ以前に私、てめえのホームページの住所を言えません。
お気に入りに入れて呼び出してるから。


『じゃ、どうするかっていうと、ワタシがナンとかします!!』


…そ、それはまぁ、ご親切に…


『あのナッガーいURL
http://www.geocities.co.jp/SiliconVallay-Cupertino/****/

×××××・・・・
 で転送してあげちゃいます。


どう?


しかもね、トップページの index.html だけじゃなくて、
http://www.geocities.co.jp/SiliconVallay-Cupertino/****/menu.html
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 ×××××…
 とか、
http://www.geocities.co.jp/SiliconVallay-Cupertino/****/photo/myfamily.jpg
 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 ×××××…
 ってのも、転送しちゃうから、ページをメクっても、ずーっと短いURLの
 ままなんだよ。


どう?どう?


さらに! 全然お金かからないんだよ。タダなんだよ~!!


どう?どう?どう?』


いや、その…「どう?」とか聞かれてもなぁ…困っちゃうなぁ。
そもそも、その
『ページをめくっても、ずーっと短いURLのまま』
ってのが、どういうことなのかもわかりませんー。
ごめんなさい。初めてのお便りなのに…お返事できそうにありません。


…◇◆◇…

たいへんに中途半端な部分で切れていますが
長々おつきあいいただきました発掘過去日記。
一応の終了でございます。

次回からは
『繊細かつ強靭な糸が、仕様を理解しない注文主(えぇ、私のことですが)から、自動車で空飛んで!的無茶ブリをされるブログデザイン現在日記』
が、始まるかもしれません。始まらないかもしれません。

なにしろ遭難し続ける遭難堂ですので。

拍手

| TOP |
まだまだ在庫が発掘される
10~年前のHP開設チャレンジ記憶日記其の二です。

…◇◆◇…

絵も重要課題ではございますが、絵ばっかり増やしても
肝心のホームページそのものが出来て無いのでは
どうしようもありません。
お絵描きの練習(というか、ピクシアを使えるようになる
練習というか)と平行して、ページ造りを始めました。
うちには、あの高名な「ホームページビルダー」とか
その類の道具はありません。
我家のコンピューター『VALUESTAR NX』購入時
についてきた
 「中上級ユーザーのためのパソコン百科 リファレンス」の書の封印を、今、解除するのです!

*ホームページを作成する《FRONTPAGE EXPRESS》
 自分のホームページを作成して、インターネットに公開することが簡単にできます。世界に向けて、情報を発信してみましょう。
 ここでの作成例は、非常に簡単なものですが、基本的には同じ方法で、いくらでも凝ったホームページを作成できます。*

・・・・だそうです。
うわぁ。今読み返してもわくわくしてくる解説ですね♪

…◇◆◇…

月日も経ち(おい)ようやく数枚のカットもどきや文章で
なんとかホームページらしき物体が出来ました。
いよいよサーバーに転送デヴューです。
『Windows98に標準装備されている』というWeb発行
ウィザードを使う時が来たのです。
マニュアルの通りに操作して・・・操作して・・・操作して
・・・・操作したら・・・・
どうして失敗するんですか?!これ?!
何回やり直してもうまくいきません。
マニュアルには『OKボタンをクリックすれば、すべて終了です』
などとお気楽な説明しか無く、それ以前でのミスについての指導は何処にも無いのです。
もう大げさでなく知恵熱出して頭痛がするほど、戦いましたよ。
1週間以上戦ってました。
そもそもの接続の設定が間違ってるのかもしれないと思いマニュアルと首っ引きで『ダイヤルアップの接続プロパディ』とか『マイコンピュータ―』を開いて『Cドライブ』とかとか・・・・

いやぁ。凄く勉強になりました。
でも、勉強の成果は実りませんでした。

チャットでSせんせいに相談したところ

S:「初心者はジオ借りなさい」
私:「だって・・もうOCN借りちゃったのに・・・」

S:「そんなものは、放っとけ!」

なんという力強くわかりやすい教えなんでしょう!
Sせんせい、ありがとう……

…◇◆◇…

けれど、どうにもこうにもOCNのサーバーに未練があった私は、本屋さんでたまたま立ち読みした
超ビギナーズ版 PASO という雑誌を買いこみました。

『転送はドラッグ・ドロップ一発でOKの インターネットエクスプローラ5で!』

この記事に誘惑されたのです。
この段階で私は、我家のパソコンの中身がIEの何番なのかも知らず、どうやったらそれが調べられるのかさえ、わかっていなかった……という現実は、ちょっと脇に置いておきます。

…◇◆◇…

『ビル・ゲイツ』
『ウィンドウズ』
『マイクロソフト社』

3題咄のお題じゃないです。私がIEについて知っていた
知識の全てです。
これで検索かけて、マイクロソフト社のホームページに
にたどり着く事ができたのです。拍手。

そんな検索かけなくっても、IE起動させれば
そこが、そもそもIEなんだからその辺りの画面の脇や
上のバーの中にいくらだって「ヘルプ」やら「ツール」やらオプションがついてるじゃん?!
・・・・・などという知識は、最近になって入荷いたしました

日本語案内の箇所に入り、さくっと迷子になったり別コンテンツと戦ったりしながらようやく、今、勇者は【バージョンアップ】の間へと辿り付いたのです。  まぁ♪イースみたいね♪←(死)

ところがあらあら?【IE5,5のダウンロード】なんですか?
本には IE5 ってあるんだよなぁ・・・。
ま、5より5,5の方が格は上よね?←なんか勘違いしてる。
あらあら?ダウンロードってずいぶん時間がかかるんですねぇ。
しかも、ずいぶん容量喰うんですのね?
私のコンピューターじゃ無いしなぁ、これ。

許可をとるために、パピィを呼んで画面を見せましたところ・・・・

「マイクロソフト社ってアメリカだろ?
いま、これアメリカと繋がってるのか?
国際電話で繋がってるんじゃないのか?!切ろう!」

・・・・・いやぁ、冗談みたいな会話ですがー・・・・
あのとき、この一家は真剣でした。

…◇◆◇…

某チャットには、いつでも先生達が待機してくれています。

「アメリカまでの料金かかっちゃうって・・・・ダウンロード
途中でキャンセルした」    「んなことあるかいっ!!」

という教えのモト、ついに5,5をダウンロードすることに
成功いたしました。  (・・・・・成功も何も、機械の指示通りにクリックしただけですが)
ただ、一口に5,5と言っても、何かオプションが違うのかハードディスクを使う容量や、ダウンロードにかかる時間がいくつか違って表示されています。
ややこしい話しはパスしたいので、一番容量の軽いやつをいただくことにしました。
気分はすでに、舌切り雀のおじいさんです。
軽いつづらには、きっと幸運があるのです。

…◇◆◇…

ようやく転送できるのね?
思えば長い道のりでした。
さあ、本の通りにIE5,5の機能で転送を
転送を・・・・・・・・・・・・
転送を・・・・・・・・・・・?
転送が・・・でき・・・ないだと・・・?

まぁ、皆様?!かようなことがあってよろしいものでございましょうか?
なぜ、またしても、御本の通りに参らせないのでございましょう?
しかもですよ。なんとしたことでございましょう?

日本語入力の機能までおかしくなってしまいましたのことよ?!

チャット中に突然 ローマ字入力のひらがな が 勝手気ままに半角英数設定に変わり、そのまま動かなくなってしまうのです。
再起動繰返しながらのチャットは、わたくし、きらいでございます。
(まぁ、好きな人はたぶんいないでしょう)

あまりにもあまりにもなので、勇者は再び【マイクロソフト城】の扉を叩いたのでした。
あちこちの 【ユーザーうんたら】やら【よくある質問】やらの試練の間を乗り越えて手にした解答はぁー

  『以前から問題だった日本語との互換性の不具合がIE5,5により表面化しました』←{うろ覚え}』

・・・そんなもん、表面化させないで下さい・・・。

対策は特別に無くって、画面の上の方にホームページの住所を書きこむバーのとこにカーソルを持って行って、クリックしてみてください。とのことでした。
困るなぁ。ビル・ゲイツさん。

それはそうとして、はたから見た場合、この私の状況ってどんな風に見えてますか?

◎ 地道ながらも着実に一歩一歩前進していく好例。
  努力に無駄という事は無い。

◎ やればやるほど泥沼に沈んで行く具体例。
  人間には、努力だけではどうにも補えない『素質』というものがどうしても存在する。

どちらか一つの項目にチェックお願いいたします。 (配点20点)

…◇◆◇…過去日記其の三に続く…◇◆◇…
かもしれない。



拍手

| TOP |

子供のころから何かしら生きものを飼っていた。
鳥が多かった。
家族がイキモノ好きで、叔母の仕事の影響もあり
ルリコンゴウインコなどという、一般家庭では
飼わないような鳥まで飼っていた。

そして今、こんな夢を何度もみる。
鳥達を夜の間入れておいた物置。そこを開ける私。
積み上げられた、忘れられていた鳥かごの中に
鳥がいる。
九官鳥や鶯やチャボや鳩が
忘れられたまま、飢え渇いて倒れている。
まだかろうじて死んではいない。

けれど、もう助からない。必ず死ぬ状態で
それなのに、まだ生きて、目をあけている。

夢の中の私は、それはそれは慌てて
恐怖にかられながら
蜜柑をむいたり、すり餌を水に溶いたりする。

何故生きていたのだろう?鳥達は。
いつから私は世話をしていなかったのだろう?
どうして
どうして鳥は

まだ死んでいないんだろう?!

夢の中で困り果てながら、謝り続けながら
私は鳥達に末期の餌を食べさせようとする。
嘴から、そそいだ水がこぼれおちる。
床に垂れ落ちる。
もう 死ぬ。 今 この瞬間にも死ぬ。

なのに目を閉じない鳥達。

お願いです。怖くて仕方ないんです。
鳥達よ。
名をつけ、育て、私がこの手で埋めた貴方達。

お願いです。もう
生きて夢に出てこないでください。おねがいです。



拍手

| TOP |
家主は
          ある致命的な欠陥を 抱えていたのでした。

…◇◆◇…

 200×年10月1日。ホームページを作ろう!といきなり決めた私は、まずプロバイダーというものを探すことにしました。
「うちってOCNよね。」
「たしか以前に、無料ホームページがどうのこうの・・・とかいうメールが来てたよね。」
ただこれだけのことでOCNのホームページを借りてしまった私でした。10メガバイトまで使えるのだ。
でも、10メ ガバイトってそもそもいったいどんな容量なのか見当もつかないじゃありませんか?多いのか?どうなんだ?

 (しかも、最初OCNのホームページと間違えてNTTの番号案内のページに迷いこんでしまったことは内緒だ)

 申しこんでみてわかったのですが・・・あらまぁ、『パスワード』というモノは、英数半角で入れなければいけないのですね?
実はローマ字打ちのひらがな入力しかやったことのない私は、大変苦労いたしました。何が苦労って・・・

パスワードって入れると(*****)になっちゃって、自分が何書いてるんだか、まるでわからないんです!

 我ながら凄い理由だとは思いますがー、半角英数だけならいいんです。問題は記号を使わなくてはいけないという所にあったのです。 記号を使う時はshiftキーを押しますよね?(お・・・押すよねぇ?そこさえ不安になって来たぞ・・・)
shiftキーを押すと、半角英数の入力の設定が変わっちゃったりしませんか?
私の操作が何か間違っているんでしょうか?
そもそも、キーボードの1つのキーに3つくらい記号がついてるのが悪いんです
どこを操作すれば、その3種類のうちのお目当ての記号が出てくるのか
混乱するじゃぁありませんか?!

もう仕方ないので、いちいち別の場所に書いてみて「よし!OK!」と、確認しつつ進む・・・という。
深海でソナー打ってるよーなパスワード入力で問題を解決いたしました。 (それ、解決したって言わないと思う)

コピーして貼りつければいいじゃないか?といった類の知恵がつくのは、もう少し後です。

…◇◆◇…

 第2段階といたしましては、やはりホームページには、可愛い絵や、キレイな背景が欲しくなります。
コピー本同人誌を作っていた身として、使う絵は自分で画きたい!とう欲望を持ちました。

  (可愛いアイコンや 動く画像や 華麗な壁紙・・・の素材屋さんになりたいなぁ・・・。
   という神をも畏れぬ野望があったりしたのだ・・・おそろしい子)

 しかし、我家のコンピュータのお絵描き道具は、マウスと『ペイント』機能しかなかったのです。
 世の中には、ペンタブレットとかいう鉛筆みたいに持って画ける機械があるらしい。
 弟の 「ペンタブじゃ、お姉ちゃんが憧れるようなモノは出来ないよ。みんなスキャナだよ」
 Sせんせいの 「自分が画いたんじゃ無いみたいな絵になるってさ」
等々の冷静な忠告をもらっても、何故だかペンタブが欲しくて、スキャナには興味が湧かずにいました。
そして、偶然 (本当に偶然。あそこで信号が変わってたら、寄らなかった)
入りこんだ専門店で現物を見つけてしまった私は、グリーンのスケルトンがオモチャ感覚のWACOM FAVOを買ってしまったのです。
「・・・隣に並んでたスキャナの方が、安かったんじゃ・・・?」 という疑問は、黙殺しました。

 噂のペンは、鉛筆に慣れた私の指には、少々太めさんでした。
 ミニタブレットは、本当に『ミニ』でした。
 頭の中で、画面と対応させて絵を画くのは、何か、米粒にお経でも書いているような気分になって来ました。
 箱書きのあおり文句には
『省スペースな マウスパッドサイズ』 と書かれていますが・・・・・
省スペース過ぎるねん!
予想通り出来あがった絵は線も何もへろへろでした。

でも、紙と鉛筆持てば凄いのよ?と言えない私は
(まぁ、こんなものだろう・・・・)と納得するしかないのでした。

…◇◆◇…

 お絵描き道具が手に入れば、次は彩色道具が欲しくなります。
ペイントの、ポスターカラー塗りたくったような仕上がりが不満だった私に、友人Kちゃんが『PIXIA』というフリーソフトを紹介してくれました♪
 圧縮、解凍などという高度技術とは無縁の私にも嬉しい、自動おもち帰り(?)のコーナーまであるのです!
 さっそくいただいて、わくわくと使ってみたら・・・・・・・
 凄い!!キレイ!!面白いっ!
 なんだか、使いこなせてないけど(おい)それでも充分スゴイ色と効果を我が手にできたのです!
 ・・・・これで無料だなんて・・・。
 スゴイぞ?PIXIA!
 偉いぞ?PIXIA!
 ありがとう!PIXIA!
 ありがとう!友人K!

こうして、うきうきとお絵描きを始めた私の前に、いきなり新たな難関がっ。

主線を画いた後、色塗りをすると、主線が塗り潰されて消えるぅぅぅぅ・・・・・

どうすればいいんだ?!ぴくしあ?!
大丈夫なのか?私?!

…◇◆◇…

 さて。PIXIAには『レイヤ』という機能が有りまして、それを使って下絵を保護し、塗り重ねていくらしいことが判明しました。
 『レイヤ』を追加して、それぞれを『乗算』にして・・・・・・
 おお!主線が、下絵が消えないでは無いですか?!やったね♪(というか・・それくらい理解しなさい私)
 いよいよ最終段階突入です。あとは、この完成したCGを保存すればいいのです。
『保存』を押した後、PIXIAを閉じようとすると・・・・・・
 ああっ?!なんで統合する前の下絵レイヤと背景レイヤに別れて表示されてるのかな?!
                                            
                                            
しかもさっき保存かけたはずなのに、また『保存しますか?』なんてPIXIA訊いて来るしぃ・・・・?
もう『保存』したもんね。これは消しちゃっていいのよね?消すわ。
・・・・・あああああ?!なんで全部消えるかなああああああああ?!
2時間の闘いがぁぁぁぁぁ

…◇◆◇… 其の二に続くかもしれません…◇◆◇…

拍手

| TOP |
完全創作というより三次創作。
タイトルが能なしにも程があるシリーズ。
…が載るかもしんない。

拍手

| TOP |
2Dで見る黒いガーゴイルが大好き。
黒ければ黒いほどいい。
瞳が丸く小さく光っている以外、表情がわからないところが良い。


 


鳥の足先のような爪が好き。
こんな風に座っている姿はほんとうに
ほんとにかわいい。

*モデルは当ブログの(糸)です*

拍手

| TOP |

ホームページやらブログやらに憧れながらも、どうしていいのか全くわからなかった私の頭上に蜘蛛の糸(のように繊細なのに不思議なほど強靭なモノ)が降りてきました。
どうにもこうにも基本設定から理解していない私を相手にその糸は、ほんとうに丁寧に丁寧につきあ ってくれました。
 かくも綺麗な凝った場所をつくって頂いたありがたい気持ちと共に、10云年前にも同じようにHPを作りたくてもがいていた自分が思い出されます。
あの時も、周囲の人に頼りまくっていました。
 探して読み返してみた過去日記の内容が進歩の欠片も無くておもしろいので、初日記の巻頭に書き写してみます。

(次回から始まる日記は10云年前にHPを作ってみようと思い立った頃の過去日記です。登場する「せんせい」は当ブログをデザインしてくださった人とは当然ながらまったくの別人であります。)

拍手

| TOP |








当ブログ内の文章・画像・内容の無断転載を禁じます。

©Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo,
Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks
of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

(C) template by sakuradou



.

.

Re:vre

....................................................................................

忍者ブログ / [PR]




....................................................................................

PR