忍者ブログ
17】  【16】  【15】  【13】  【12】  【11】  【10】  【9】  【8】  【7】  【6】 

今から始まる読み物は、私がかなり前に書いたモノの焼き直しです。

題名も何もあやふやなので仮に『3兄弟モノ』としておきます。
高校生の同い年の兄(双子ではなく従兄同士)と小学生の弟3人が暮らしていて両親は留守という、典型的に何も考えてないよくある設定でした。
…◇◆◇…
*あやふやな登場人物紹介*

椚原聡一(くぬぎはらそーいち)
長男ポジション。スポーツ万能成績優秀なれど、音楽芸術関係が全てを飲み込む残念さを誇る。探偵小説大好き。
屋敷建(やしきたてる)
次男ポジション。聡一の従兄(父親同士が兄弟)早くに父を亡くし椚原家で育てられた。家事全般を受け持つが魚嫌いが玉にキズ。趣味は、亡き父に手ほどきされた手品。
椚原翔(くぬぎはらかける)
聡一の弟。小学1年生。年齢が離れているのは椚原夫妻が長男と甥っ子をほっぽって海外に仕事に出たあげく
(お互いの仕事は異なるのでてんでんばらばらになる夫婦)、たまたま数年後に海外で出会ったせい(……)兄を小型軽量化したような容姿、サッカー少年成績良好、音楽芸術関係残念、探偵小説マニア。

…◇◆◇…

「さんま」

自室の隣。南はじの子供部屋から突然聞こえてきた叫び声に、聡一は、大きめの事務用封筒(ごていねいに
『証拠物件 重要』などと朱書きされている)を、今そこから取り出したばかりの学習机(笑)の引き出しに再び戻し
「あーもう!うっるせえなぁ…」と文句を言いつつ腰を上げた。
少し古いが、しっかりした造りの我家の室内から、ああもけたたましい叫びが響いて来る、というのはあまり尋常な事態とは言えない。


ノックもせずに、年齢の離れた弟の部屋の扉を開く。
そこには、サッカーボール模様のまぁるいクッションの上で自分の耳を自分で塞いでいる年長者となにやらホチキス止めしたコピー用紙の束を抱えたまま困り顔になっている年少者の姿があった。
「うるさいぞ!タテルっ!おまえ、カケルの部屋で何叫んでやがるっ?!」
叱られたほうの年長者が、なんだか情けない声で状況説明を開始する前に、彼等の弟が口を開いた。
「あ、ねぇねぇ、聡一兄ちゃん、聞いてよっ!タテル兄ちゃんったらね、サンマはダメだって…」
「さんま…。ナマモノ握らされでもしたんならともかく、単語にまで悲鳴あげんのか?おまえは」
呆れたように言いながら、聡一は建の前に立ちはだかった。
いわゆる 仁王立ち のような、いばりん坊体勢である。
「だいったいなぁ。おまえが魚嫌いだってのは、もうオレは諦めた。好きに偏食してやがれ!けどなぁ。カケルを巻き込むな!ってば。小学一年生の育ち盛りの時期に、魚をいっさい食わせねぇなんてそんな親が何処にいるっ!?」
「親、じゃぁないと思うけど?」
びしっ!!と建を指差して決め付ける彼の後ろで、翔が冷静に突っ込みをいれる。


「オレもおまえも、かあさんのメシを同じに食って育ったんだかんな?(幼児期の体験がどーのこーの)っていう話しは聞かねぇからな?」
 
この場合の『かあさん』というのは、屋敷建の産みの母のことである。


「あ~っ!あ~っ!だ、誰が、いつ、おふくろのせいなんかにしたってんだよっ?!そんなら聡一が魚食えるのは、希子ねえさんからの遺伝だろっ!」


この場合の『希子ねえさん』というのは、椚原聡一、翔の産みの母のことである。
 
「やかましいっ!おやじとおじさんは、実の兄弟だぞっ!母方の遺伝もくそもあるかよっ。」


翔が、二人の兄の間に割って入った。
「あのさぁ。今はそんな話じゃなくってボクの宿題をさぁ」
その弟の肩に手をかけ、聡一が尋ねる。何をムキになっているのか、拳まで握り締めていたりなんかする。
「なぁ、カケル?魚、好きだよなぁ!?魚、美味いよなぁ?!…タテルに遠慮して、魚食いのホタル族に
 なるのなんか、やだよなっ!?」
「…魚食いのホタル族…」
煙草の煙を嫌う家族のために、外でさみしく煙草を吸う姿と。
魚嫌いの建が焼き魚の煙まで嫌うために、外でさみしく焼き網を焦がす姿と。
「まぁ、似て無いこともない……かもね…」
呆れたように返事をする弟の頭上で、聡一はまだエキサイトしている。
どうやら、魚を食べたいのは、聡一自身の方らしい。
「サンマ。イワシ。アジ。まぐろにかつお。くじら、タイにさばにブリに」
「…哺乳類が混ざってるよぉ……」 
突っ込みをいれる弟と、「種類を連呼するなぁぁぁ!」と耳を塞ぐ相手の前で、海のイキモノの名を並べ続ける聡一。
その聡一に、翔が手にしていた綴りを差し出した。
「あのさ、聡一兄ちゃん。今は食べ物の話してる場合じゃないの。ボク、さっさと宿題終わさないと。学校でサッカーする約束してるんだよぉ」
「あ?ああ、わかった。悪い。で、なんの宿題だって?」
そこはそれ、お兄ちゃんである聡一は、翔の言葉に(海の生き物達、お名前暗唱)を止めた。
「国語だよ。あのねぇ、詩を5回朗読して、おうちの人に聞いてもらって、ハンコもらって、この詩を聞いたおうちの人の感想ってのも書いてもらうんだよ?」
「なんだ、簡単じゃん。じゃ、聞いてるから、読んでみろ?」
「うん!」
嬉しそうにうなづくと、翔は持っていたコピー用紙の束を広げ、よくとおる子供の声で読み上げた。


「さんま、さんま、そが上に青き蜜柑の酸(す)を したたらせて さんまを食ふは 
 さんま、さんま、さんま苦いか塩つぱいか」


ぶっっ!!と、聡一が吹き出した。 
建がつぶやく。 「もっと…凄い描写があんだぞ?これ…」


「…父ならぬ男に さんまの 腸(はら)をくれむと…」


「いい詩だなぁ!それ!…じゃ、こいつじゃなくって、オレが聞いて、感想書いてやろうか?」
「それはダメっ!」 と、建。
「他の教科はともかく!そーいちは、音楽と美術と国語は絶対にっダメっ!」
「なんなんだよ~。それは」
じと目になる聡一を物ともせず、建は言葉を続けた。
「ダメに決まってるの!おまえ、前にも名作をめちゃめちゃにしてカケルに読んで聞かせたろっ?」
「…いつの話しだよ?」
「マザーグースを、伝奇推理読み物にしちまったのは、おまえらだろうがっ!?」
「ああ。あれかぁ♪」
ぽん、と手を叩く翔に、聡一が首をかしげてみせる。どうやら、彼には思い当たることは無いらしい。
「ほら、あれだよ。聡一兄ちゃん。 だれがこまどり 殺したの?……て、やつ。
 でも、あんなの推理にならないよねぇ?なんたって 『それはわたし』なんて、
 自白しっちゃうんだもんね。スズメったら」
「いや、オレは、あの雀の唐突な自白には裏が有るんじゃないかと睨んでいるんだが」
「そう言われるとそうだね。ボクはねぇ、殺されたこまどりの奥さんにも、何かあると思うんだ。
 だってさぁ、自分の旦那さんを殺したスズメと、すぐに結婚しちゃうなんて、不自然だよねっ!」
「そうだな。それと、皿なんかに血を取って、持っていった先が何処だか書いてないんだよな。
 いったい、その血は何に使われたのか……?手がかりが少な過ぎる…… 
 推理小説としては、不完全極まり無いよなぁ!」
「不完全も何もっ!マザーグースは伝統ある童謡なんだって!!この、推理オタクっ!!」
あんまりな会話に切れた建が叫んだ。
そのまま、肩で息をしながら、翔を振りかえる。
「話しをモトに戻すぞっ?なぁ、カケル?それって、一年生の教科書に載るような詩なのか?」
翔の手から、紙の束を取り上げた聡一が言った。
「ふむ。……この (愛うすき父を持ちし女の児は……父ならぬ男に  言ふにあらずや) 
 ここの箇所、ひっかかるな。実の親じゃない?ってことなのか? これって、母親と娘が犯罪に巻き込まれている……という暗示だとすると……」
「だから、純文学で推理小説するなぁぁぁぁぁ!!」
建は、聡一の手からそれを取り上げると、翔に押し付けた。
「おい、カケル!これ、他にも詩が書いてあるだろ?他の詩読むんじゃダメなのかっ?」
「え~、そんなこと言われても~。グループ作って手分けして読むんだよ~」
メガネの奥の大きな瞳が、さも困りました と言いたげにうるうるする。
「おい、タテル!カケルが可哀相だろっ。ーー感想書いてやれよ?」
自身の読書感想文能力の限界を、実は自覚している聡一が逃げた。
「なぁ、カケル?他はどんな詩があるんだ?」
どうにかして、無難なものと交換できないか?との建の希望は、彼の弟がおもむろに朗読し始めた (他の詩)によって撃沈された。 それは、
 
   「… 朝焼小焼だ
       大漁だ
       大羽鰮の
       大漁だ…」


で始まる、金子みすずの詩だった……。


 


その後、ついに諦めた建は、弟のために 『秋刀魚の歌』の感想文を書いた。
『秋刀魚』や『腸』の文字が乱舞する内容に苦しみつつも、料理好きの血が『苦いか しょっぱいか』や『涙をしたたらせて食う』の単語に妙な具合に反応してしまったおかげで、彼がものした感想文は、発表会で、1年生と参観の父兄や教師達を怖いほどの静寂に叩き込んだのだった。
そして、どういったルートが働いたのかは不明だが、その感想文は彼の高校にまで流れてしまい


 『特別寄稿作品。 屋敷建くん(佐藤春夫)を語る!!』


などという題をつけられ、彼の高校の文芸部作品集のトップを飾ってしまったのだった。
 


 


 

拍手

| TOP |








当ブログ内の文章・画像・内容の無断転載を禁じます。

©Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA GAMES, the EA GAMES logo,
Ultima, the UO logo and Britannia are trademarks or registered trademarks
of Electronic Arts Inc. in the U.S. and/or other countries. All rights reserved.

(C) template by sakuradou



.

.

Re:vre

....................................................................................

忍者ブログ / [PR]




....................................................................................

PR